2008年04月17日

012:ホワイトローズ石鹸

*012石鹸.jpg

更新がすっかり遅く…(汗)
010:ピンクローズ石鹸」のオプション違い版です。
こちらはクレイ無しバージョン。

薔薇の香りのゲストソープです♪

90分程度で型入れ。
24時間保温 > そのまま乾燥 > 3日後型出し



【特性】…同じ。
 
posted by Yuri at 22:24| 手作り石鹸

2008年02月28日

011:蜜チョコ石鹸

*011石鹸.jpg

【オイル】
 パーム/オリーブ/スイートアーモンド/パーム核/
 ココアバター(250gバッチ)
【OP】
 チョコレート/はちみつ/ミルクパウダー
 チョコファッジFO/バニラレースFO/


さて中途半端に余ったスイートアーモンドオイルをどうしてくれようか…?、と。しばらく悩んでいた結果がチョコ石鹸になりました♪(笑)

初プラモールド!!……ってことで。
柔らかいレシピや軽めトレースだと出難そう、としっかりトレース出したら気泡がポツポツ残ってしまいました(悲) いやー、失敗失敗。次の課題。
でもでも、型にホホバオイル塗っておいたおかげで、冷凍庫に頼る事なくパカッと抜け落ちて来てくれました!

フレグランスオイルの香りとココアバターの香りで、めっちゃ美味しそう!
分かっていても食べたくなります・・・。

この型も一度に3個までしか出来ないんですよねー。
2月6日作成。バレンタインには勿論間に合いませんでしたとも!(笑)
合わせる気が無…(以下略)


70分程度で型入れ。
24時間保温 > そのまま乾燥 > 2日後型出し



【特性】(石けんシミュレーションより計算)
 肌適正………6.8
 洗浄力………7.3
 気泡力………6.5
 硬 さ………6.5
 崩れ難さ……7.6
 安定性………6.8
 
※しっとり保湿系の効果がでるといいなぁ…。
 【熟成期間完了!】
posted by Yuri at 22:16| 手作り石鹸

2008年02月27日

010:ピンクローズ石鹸

*010石鹸.jpg

【オイル】
 HO紅花/HOひまわり/ラード/ココナツ/(250gバッチ)
【OP】
 イングリッシュローズFO/ストロベリーFO/
 サンダルウッドFO/ピンククレイ/


酔いどれ石鹸のオプション違い版です。

ローズ型を購入したので薔薇の色&香りに♪
フレグランスオイルはイングリッシュローズをメインに、サンダルウッドとストロベリーでちょっと甘め&奥行きのあるブレンドにしてみました。
せっかくなので、いつもより強めの着香に。
薔薇型の石鹸って今年のラッキーアイテムの一つらしいですよ〜。

シリコン型は型出しが楽ですが、このレシピはやはり柔らかめになりやすいみたいで。次回はトレース後も少し時間を置いてから型入れしてみようと思います。

でも、この型・・・
少量バッチの私では一度に量産できませんね…。
2月3日作成。やっとアップです(汗)


90分程度で型入れ。
24時間保温 > そのまま乾燥 > 3日後型出し



【特性】(石けんシミュレーションより計算)
 肌適正………7.4
 洗浄力………8.2
 気泡力………7.2
 硬 さ………6.6
 崩れ難さ……6.3
 安定性………6.7
 
posted by Yuri at 20:28| 手作り石鹸

2008年02月26日

**ひゃ〜(照)

20バッチに手も届かない様な新米ソーパーなんですが・・・
手づくり石けんWEB」さんの『今日のアート』へ、明日27日に載せていただけるそうで!
光栄やら恥ずかしいやらでビックリしています。
もし、そんな機会が頂けるとしても、きっともっともっと先の事だろうな…と。100バッチくらい超えればかな…?などと思っていたのですが。
これを機会に、
もっと気合いを入れて、気を引き締めて、いい石鹸造りに励みたいと思います!

ちなみに、「008:デイジー」です。
詳細が未だヒ・ミ・ツ☆…で申し訳ないです(汗)

週末にはアップし損なっている石鹸の写真撮りしたいです!
posted by Yuri at 22:53| ヒトリゴト

2008年02月23日

**師走より忙しい…!

おかしいですよね、今月は通年より一日多いハズなのに…!

モールドの石鹸も出来ていて熟成中なのに写真も撮れてません(悲)
この時期に作っておきたい物もあるのに…と思いつつ、バタバタしています。
仕方ないので、インフューズドオイルを仕込んでみたり。

 ・シンプルにラベンダー
 ・カモミール、ヒース
 ・エルダーフラワー、エキナセア、オレンジフラワー
 ・桃葉

オリーブオイルで漬け込み中です。
バッチも少ないので、空いたジャムの瓶が大活躍♪
光に当たると酸化してしまうので、遮光して温かい所に置いてます〜。


オイルもそうですが、
ドライハーブも遮光、除湿、冷暗所で保管ですー。
アロマな本では撮影用にガラス瓶に入れてますが(苦笑)あれは見栄え用。光で劣化しやすいので、できればアルミパックとか。
紅茶なんかも透明な保存器は避けた方が無難です。
まあ、
消費が早ければ劣化前に使い切ってしまうので、そこまで神経質になる事はないと思いますが…。

本が陽に当たると紙が黄色くなったり、カラーページが色あせたりするのに近い感じですね☆

……ほんと、撮影(本)用の写真って罪作りですね……(苦笑)
posted by Yuri at 23:36| ヒトリゴト