2008年06月01日

016:ハーブバーX石鹸

*016?.jpg

【オイル】
 HOひまわり/パーム/パーム核(250gバッチ)
【OP】
 ローズマリー&ラベンダーチンキ/アボカドオイル/ポピーシード
 はちみつ/ローズマリーパウダー/ラベンダーパウダー


uki☆uki☆ せっけんライフさんの「ハーブシャンプーバー」のアレンジ版です。
 ・ココナツ油 → パーム核油
 ・ホホバ油 → アボカド油
 ・黒蜜 → はちみつ
手元に無い物を差し替え、ハーブパウダー追加でレイヤーにしました。

チンキのアルコールを飛ばしたのに、やはり投入後は鹸化の進みが早く、前回の教訓を活かして周到に準備していてよかったな…と思いました。
ものすごっくテキパキと型入れ、です(笑)

この前日、定番となった「黒糖小豆」石鹸を備蓄分として制作したんですが、気温が上がって来ていたので保温しすぎないようにした方がいいかな…?と気をつけてみたんです。
でも。
冬場と違い室内が冷えないせいか、機嫌良くガンガン鹸化の熱が上がってしまったようで…! 中央中心が結晶(ジェル)化! 少〜し噴火しかけていたので慌てて保温を中断しましたところ、翌日無事に生地が落ち着いて保温箱から出せたんです。

なので。

かなーり気をつけて。

用心しながら温度を高くなりすぎないように管理していたのに…!

この、チンキ(アルコール)入りの石鹸生地さんは!
ホッカホカホカホッカになってくれて……!(泣)
保温箱から出した今も、結晶範囲を拡大しつつ全域を透明化攻撃し続けております。もぅいっそ全体的にジェルっちゃえばいい、その方が色が均一でよかろう、うむ!(悲)

…保温箱中のとき、その真横で、
「シトラスオレンジ」石鹸は、大人しーく粛々と鹸化を進めております。ええ、熱暴走もジェルっちゃう事もなくマイペースに。
個性って、出るんですなー…‥・・・。


50分程度で型入れ。
24時間保温 > 翌日型出し >1日後切り分け
 
【熟成期間完了!】
posted by Yuri at 23:43| 手作り石鹸

2008年05月28日

015:黒糖小豆石鹸

*015?.jpg

001:黒糖小豆石鹸とほぼ同じレシピです。
ココナツオイルをパーム核油に差し替えて、FOをジュニパーベリーにしました。

暑さと湿気が来る前に常備アイテムの在庫を作成、です〜♪


  *   *   *   *   *   *


子猫オリジナルさんが来月で閉店だそうで…(悲)
手に入れ難いハーブ等を扱って下さっている有り難いお店でした。すっごく残念!
最後に、と。
購入を先延ばしにしていたFOを注文させていただきました。
今まで本当にありがとうございました…!!
posted by Yuri at 23:12| 手作り石鹸

2008年05月26日

014:シトラス桃オレンジ石鹸

*014?.jpg
 
【オイル】
 オリーブ(桃の葉のインビューズドオイル)/
 レッドパーム/パーム核(250gバッチ)
【OP】
 アボカドオイル/カレンデュラ/コンフェ
【FO】
 シトラスFO/ロータスFO


レッドパームオイルの「肌修復」カロチン石鹸に興味があり(笑)
他人様のオレンジ石鹸がとっても使い心地良かったので!
夏用に、と作成。

香りは勿論シトラス系で♪

フレグランスオイルは単一で使うとやはり「てっぺん表面に一点張り!」風な香りに仕上がってしまうみたいです。なので「奥行き」を出せたらな〜、とロータスを隠し味(?)に少量落としました。
柑橘系のエッセンシャルオイルも持ってますが、それはアロマポットやバスオイルなどで大事に使っています。どうも、アルカリで分解される分のEOを思うと植物に申し訳ない様で、もったいなくて…(苦笑)

珈琲石鹸の残りのコンフェを使ってしまおうと思い下層へ。先にコンフェと少しの生地を混ぜておいて馴染ませてから型入れです。これだと気泡や生地が入ってない空洞部分が出来ないので綺麗に仕上がります〜。
飾りに細かーくハサミで刻んだカレンデュラを挟み込んでみました。
オレンジのビタミンカラーは、見ていて元気が出て来ますね♪

桃の葉を漬け込んでいたオリーブオイルも使ったので、肌にやさしい石鹸になってくれないかなーと期待してます(笑)


60分程度で型入れ。
24時間保温 > 翌日型出し > 1日後切り分け


【特性】(石けんシミュレーションより計算)
 肌適正………6.7
 洗浄力………7.3
 気泡力………6.8
 硬 さ………6.7
 崩れ難さ……7.6
 安定性………7.0
 
※特性はNo,13と同じ。
 
posted by Yuri at 21:44| 手作り石鹸

2008年05月25日

013:カモミール&ヒース石鹸

*013?.jpg
 
【オイル】
 オリーブ(カモミール&ヒースのインビューズドオイル)/
 パーム/パーム核(250gバッチ)
【OP】
 漬けていたハーブを少々/


一週間前の土曜日作成。
2月に漬け込んだカモミールとヒースのオイル。やっと石鹸にしてあげられました(汗)
直射日光にさらさないよう遮光し、温かい所へは置いておいたので、今度はオイルの酸化はありませんでした。よかったー。

ハーブを濾したオイルで作成。
生地にとろみが出て来たところで漬けていたハーブを少々飾り的に戻し、軽いトレースが出てから湯煎で温度を40度にして型入れ。
ペットボトル作成はムラ無く撹拌できるので、軽いトレースで型入れしても分離とかしないので嬉しいです。生地が綺麗に型へ流し込めますからね♪

気温が高くなって来たので、保温しすぎないよう気をつけました。
今まで寒い時しか作ってませんでしたし、用心。

それなのに。
…同時に作ったリピート「黒糖小豆」石鹸と同居させたのに…。
こっちは熱暴走もせず、フツーに保温できました・・・。

小豆さんは、プチ☆ジェルっちゃって………(遠い目)


無香料・無着色。天然さんですね☆


60分程度で型入れ。
24時間保温 > 翌日型出し > 1日待って切り分け



【特性】(石けんシミュレーションより計算)
 肌適正………6.7
 洗浄力………7.3
 気泡力………6.8
 硬 さ………6.7
 崩れ難さ……7.6
 安定性………7.0
 
※夏場には向いてるんじゃないかなぁ…。
 【熟成期間完了!】
posted by Yuri at 23:59| 手作り石鹸

2008年04月17日

012:ホワイトローズ石鹸

*012石鹸.jpg

更新がすっかり遅く…(汗)
010:ピンクローズ石鹸」のオプション違い版です。
こちらはクレイ無しバージョン。

薔薇の香りのゲストソープです♪

90分程度で型入れ。
24時間保温 > そのまま乾燥 > 3日後型出し



【特性】…同じ。
 
posted by Yuri at 22:24| 手作り石鹸

2008年02月28日

011:蜜チョコ石鹸

*011石鹸.jpg

【オイル】
 パーム/オリーブ/スイートアーモンド/パーム核/
 ココアバター(250gバッチ)
【OP】
 チョコレート/はちみつ/ミルクパウダー
 チョコファッジFO/バニラレースFO/


さて中途半端に余ったスイートアーモンドオイルをどうしてくれようか…?、と。しばらく悩んでいた結果がチョコ石鹸になりました♪(笑)

初プラモールド!!……ってことで。
柔らかいレシピや軽めトレースだと出難そう、としっかりトレース出したら気泡がポツポツ残ってしまいました(悲) いやー、失敗失敗。次の課題。
でもでも、型にホホバオイル塗っておいたおかげで、冷凍庫に頼る事なくパカッと抜け落ちて来てくれました!

フレグランスオイルの香りとココアバターの香りで、めっちゃ美味しそう!
分かっていても食べたくなります・・・。

この型も一度に3個までしか出来ないんですよねー。
2月6日作成。バレンタインには勿論間に合いませんでしたとも!(笑)
合わせる気が無…(以下略)


70分程度で型入れ。
24時間保温 > そのまま乾燥 > 2日後型出し



【特性】(石けんシミュレーションより計算)
 肌適正………6.8
 洗浄力………7.3
 気泡力………6.5
 硬 さ………6.5
 崩れ難さ……7.6
 安定性………6.8
 
※しっとり保湿系の効果がでるといいなぁ…。
 【熟成期間完了!】
posted by Yuri at 22:16| 手作り石鹸

2008年02月27日

010:ピンクローズ石鹸

*010石鹸.jpg

【オイル】
 HO紅花/HOひまわり/ラード/ココナツ/(250gバッチ)
【OP】
 イングリッシュローズFO/ストロベリーFO/
 サンダルウッドFO/ピンククレイ/


酔いどれ石鹸のオプション違い版です。

ローズ型を購入したので薔薇の色&香りに♪
フレグランスオイルはイングリッシュローズをメインに、サンダルウッドとストロベリーでちょっと甘め&奥行きのあるブレンドにしてみました。
せっかくなので、いつもより強めの着香に。
薔薇型の石鹸って今年のラッキーアイテムの一つらしいですよ〜。

シリコン型は型出しが楽ですが、このレシピはやはり柔らかめになりやすいみたいで。次回はトレース後も少し時間を置いてから型入れしてみようと思います。

でも、この型・・・
少量バッチの私では一度に量産できませんね…。
2月3日作成。やっとアップです(汗)


90分程度で型入れ。
24時間保温 > そのまま乾燥 > 3日後型出し



【特性】(石けんシミュレーションより計算)
 肌適正………7.4
 洗浄力………8.2
 気泡力………7.2
 硬 さ………6.6
 崩れ難さ……6.3
 安定性………6.7
 
posted by Yuri at 20:28| 手作り石鹸

2008年01月29日

009:珈琲石鹸 in kitchen

*009石鹸.jpg

【オイル】
 パーム核/キャノーラ/ラード/(250gバッチ)
【OP】
 コーヒー/挽いたコーヒー豆/クエン酸/ローズマリーチンキ/
 コンフェ/


使い切れなかったキャノーラ油の活用をと、母からの依頼作成。
キッチンソープとして作るのは初なので、ベーシックに珈琲で挑戦してみました。消臭効果がどんなものか興味あります♪

キャノーラ油は「保ち」が悪いようなので、酸化防止対策を取り入れてみました。ラード&ローズマリー、期待してるよ…!(笑)
まぁ、台所石鹸なので多少の酸化は問題ないんですけれども…(^^;)

撹拌スタートから5分後くらいに、高濃度の珈琲を投入。ソーダ水の水量を少々減らした分です。
精製水との差し替え方法だと作業〜熟成中の臭さが敵わん!…ので(苦笑)、撹拌後の投入方法を採用しました。
苦そうな濃いめのカフェオレ色に着色。
生地に軽いトレースが出たところで珈琲豆粉を入れよく混ぜてから、ローズマリーのチンキを追加し、もったりする前に型入れしました。チンキはアルコール飛ばしてもトレースの進みが一気に加速する様なので用心して(笑)

…それなのに。
寒〜い部屋で発泡スチロールの保温箱に入れ蓋しただけ、なのに。噴火一歩手前で真ん中だけ仕上がっておりました。
ビックリ!
色はカフェオレ色に落ち着いた様子です〜。


40分程度で型入れ。
24時間保温 > 型出し > 半日乾燥後切り分け



【特性】(石けんシミュレーションより計算)
 肌適正………6.3
 洗浄力………7.8
 気泡力………9.2
 硬 さ………6.8
 崩れ難さ……6.6
 安定性………7.0

※泡もこでお皿洗えるといいなぁ…(予測)
 
posted by Yuri at 02:44| 手作り石鹸

2008年01月17日

008:デイジー

*008石鹸.jpg

007の石鹸生地をお試しでチョコレートモールドに流し込んでみた実験作です。
少〜し柔らかめのレシピだったのか、型外れが悪くて苦労しました。
やっぱり、「プラ系の型は硬めのレシピ」ってホントですねぇ…。

とっても小さい、文字通りゲストソープ。
詳細は、007の解禁後に〜☆

※007共に熟成は終わっているんですが、詳細のアップは3月下旬になりそうです(謝)
 
posted by Yuri at 22:49| 手作り石鹸

2008年01月10日

007:○○○○石鹸

*007石鹸.jpg

雪のように真っ白な美人さん石鹸♪
余りに白いので、珍しく色付き背景です。

サプライズ物のため、詳細は熟成完了後にて黒ハート
 
posted by Yuri at 21:02| 手作り石鹸

006:ウィッチ・ラベンダー石鹸

*006石鹸.jpg

【オイル】
 ラード/パーム核/マカダミアナッツ/キャスター/
 オリーブ/(250gバッチ)
【OP】
 オーガニックホホバ/ラベンダーチンキ/ウィッチヘーゼルチンキ/
 カーネーションFO/バイオレットFO/コンフェ


石鹸のベースはuki☆uki☆ せっけんライフさんの「バランスソープ」。
脂肪酸組成が最適になるよう設計した、というレシピ♪
乾燥肌・脂性肌どちらでもOKだそうで熟成後が楽しみです。

マカダミアナッツ油が入っているのでピンクっぽい色になるかな〜?と思っていたら。アルカリ水と混ぜた途端、しっかりと色が出ました。シックな茶色寄りのピンク色。こんなに色が出るものなんでしょうかね? オイルの種類によるのかも…。

軽いトレースは45分程度で出たので、ホホバオイルを追加。
よく混ぜた後、ウォッカで抽出したラベンダーとウィッチヘーゼルのエキスを、レンジでアルコールを飛ばしてから投入。
と同時に、チンキで十分良い香りが出ていたので、隠し程度にちょっぴりFOを入れて、蓋をして撹拌……したら!
あっと言う間に重いトレース。
アルコール系を入れると早まるのは知ってましたが、こんな「片栗粉の量間違えました〜酢豚。」みたいなプルンプルンになるなんて(笑)
茶色がかった深紅のチンキを入れると、焦茶 >> からし色 >>…と変化後
カフェオレ色で落ち着いております。面白ーい。

手早く準備しておいた型に流し込み、ゴートミルク石鹸の丸めたのをポコポコ落として保温箱へ。
翌朝覗いてみたら、急激な鹸化反応で温度が高めに保たれたのか汗をかいてました。汗かいた部分だけ白っぽくなりましたが、まぁご愛嬌って事で(笑) 色の差も乾燥が進むとどう落ち着いて行くかが楽しみです。

それにしても、大人っぽい上品な香り……v


60分程度で型入れ。
24時間保温 > 型出し > 1日乾燥後切り分け



【特性】(石けんシミュレーションより計算)
 肌適正………7.1
 洗浄力………7.4
 気泡力………7.1
 硬 さ………7.3
 崩れ難さ……7.1
 安定性………7.2

※超理想的バランス! 脂性肌でも乾燥肌でもドンと来い!(だそうです☆)


【自分参考MEMO.......ハーブ一般効用】
  ラベンダー  (Lavender)
     鎮静、抗炎症、抗菌作用。肌荒れの改善や皮脂の分泌を整える。
  ウィッチヘーゼル(Witch Hazel=ハマメリス  Hamamelis
     
肌荒れなどの緩和、肌の引き締め、保護作用。
 
posted by Yuri at 19:32| 手作り石鹸

2008年01月09日

005:酔いどれ石鹸

*005石鹸.jpg

【オイル】
 HO紅花/HOひまわり/ラード/ココナツ/(250gバッチ)
【OP】
 酒粕/日本酒/コンフェ


石鹸のベースはuki☆uki☆ せっけんライフさんの「ひまわり紅花石鹸」です。
敏感肌にも良くて真っ白に仕上がるレシピ♪

酒粕を頂いたので石鹸に投入してみました。
酒粕は美白・美肌に良いと昔からスキンケアに使っていたというので、どうなるか実験!
どんな色になるのかなぁと思ってましたが、暖かみのあるクリーム色のようです。暖色系なのでコンフェはサーモン色の物を♪

メインオイルがハイオレイック(HO)オイルなので。
精製度が高いオイルはトレースが遅いぞ…というお話はホントなんだぁ(泣)と実感。まあ、それだから真っ白になるんですけれども。
ただ、酒粕とそれを溶かした日本酒のおかげで、軽いトレース後の作業はぐっと早く進みました!
酒粕の良い香りで乾燥箱は幸せです……v
無香料にして正解かなー?


60分程度で型入れ。
24時間保温 > 型出し > 半日乾燥後切り分け



【特性】(石けんシミュレーションより計算)
 肌適正………7.4
 洗浄力………8.2
 気泡力………7.2
 硬 さ………6.6
 崩れ難さ……6.3
 安定性………6.7

※敏感肌にもOK。赤ちゃんにも使えます!(だそうです☆)<<<ベースのお話でコレは赤ちゃんは駄目ですよ!酒入りだもの!(笑)
 
posted by Yuri at 00:12| 手作り石鹸

2007年12月26日

004:苺ローズ石鹸



【オイル】
 Sアーモンド/パーム/ココナツ/(250gバッチ)
【OP】
 OGホホバオイル/ピンククレイ/酸化鉄・赤/ポピーシード/
 カレンデュラ/イングリッシュローズFO/サンダルウッドFO


来年はピンクの薔薇だと某風水の先生がおっしゃられるので(笑)
ピンクい、薔薇系の香りの石鹸を作成。
…ホントは薔薇の型がベストなんだろうけれど……。
これで先測りのオイル、全部使い切りました。やっと道具を片付けられる♪
「苺ムースケーキな石鹸にするで!」と宣言したら、母上がせっせとミルク石鹸をピーラーで削り始めてくれました(笑)

花弁は細かく刻んで投入。切り分けやすいように…。
FOは、イングリッシュローズだけだと『キツめの薔薇』という感じだから、サンダルウッドの甘さに期待してみてブレンド。個人的には大成功ではないかとv
レイヤーをランダムに出したかったので、少々ゆるめトレースで型入れ。
スタート15分はしっかりと撹拌し、ペットボトルで全体を常に振るから混ぜムラがなく、少しゆるめの生地でも分離はありませんです。
けっこう寒くなる部屋に保温箱を置きますが、型入れ時の生地の温度が40℃前後あれば、型をバスタオルで覆って発泡スチロールの中に収めるだけで、他に何も手を加えなくても翌日固まります。

ゆるめの生地なので、型出し時は柔らかいです。
スイートアーモンドOilは100%だと溶け崩れやすいオイルだから、熟成後カイロ保存で計3ヶ月経たせた物を用意して、熟成直後のと使い比べしてみたいと思います。


60分程度で型入れ。
24時間保温 > 型出し > 半日乾燥後切り分け



【特性】(石けんシミュレーションより計算)
 肌適正………7
 洗浄力………7.2
 気泡力………6.8
 硬 さ………6.3
 崩れ難さ……7.1
 安定性………6.5

※Sアーモンド多めにしては硬さ等期待できる数値が出ています。水分飛ばせば締まるかな?(予測)
 
posted by Yuri at 00:38| 手作り石鹸

2007年12月19日

003:クール・アロエ石鹸

*003石鹸.jpg

【オイル】

 オリーブ/ココナツ/パーム/キャスター(250gバッチ)
【OP】
 アロエ粉/ウルトラマリン/クールバジルFO


爽やかな香り&カラーの物をと思って作成。
若干ココナツオイルが多めなので、しっかり洗える出来に仕上がるかな…?
アロエベラジュースを作って入れたためか、トレースも順調に出て作業はスムーズ。量が少ないのでお鍋のお湯を40℃に保ってこまめに湯煎したのも良かったのかも。

マットな質感というより少〜し透明感があるので、上手く結晶化ができたんでしょうか。
型出しの際よく締まってて硬く、切り分けもすんなりでした。
※私も「ジェル化」という言葉に違和感があるので「結晶化」と書きました。…むしろ「クリア化」? 「ジェル」は硬くないですしね……。


45分程度で型入れ。下の特性計算通り硬くてしっかりとした出来上がり。
24時間保温 > 型出し > 半日後切り分け


【特性】
(石けんシミュレーションより計算)
  肌適正………6.1
  洗浄力………6.5
  気泡力………7.2
  硬 さ………7.3
  崩れ難さ……6.8
  安定性………7

※意外と良質バランス? 乾燥肌にはアロエベラジュースで潤いを、どれくらいカバーできるか!?(予測)
 
【熟成期間完了!】
posted by Yuri at 19:07| 手作り石鹸

002:バニラチョコ石鹸

*002石鹸.jpg

【オイル】

 オリーブ/Sアーモンド/パーム/ココナツ/レッドパーム/
 ココアバター(250gバッチ)
【OP】
 チョコレート/ココアパウダー/はちみつ/
 バニラレースFO/ヘーゼルナッツFO


前田さんのレシピにココアバター追加する感じで。
上のレイヤーは茶色にしようと思っていたものの、直前でチョコチップが入った風に変えてしまいました。
この上部の白いのも、前に作ったゴートミルクの石鹸。

シュミレーションの計算をしてみる前にレシピで作ってしまいました。
もうちょっと泡立ちや硬さのポイントを上げたかったです。
使う時にどうなるか…?


1時間30分程度で型入れ。下の特性計算通り柔らかめの出来上がり。
24時間保温 > 型出し > 2日後切り分け


【特性】
(石けんシミュレーションより計算)
  肌適正………6.6
  洗浄力………6.8
  気泡力………5.5
  硬 さ………5.6
  崩れ難さ……6.1
  安定性………5.8

※少々溶け崩れやすく、柔らかい。肌には優しめでしっとり? 泡も立ち難いかも。(予測)
 
【熟成期間完了!】
posted by Yuri at 18:21| 手作り石鹸

2007年12月01日

001:黒糖小豆石鹸

*001.jpg

【オイル】

 ココナツ/パーム/オリーブ/キャスター(250gバッチ)
【OP】
 さらしあん/黒砂糖/オーガニックホホバ/ロータスFO


TAOさんのレシピにスーパーファットでホホバと香りを追加したもの。
冬用なので保湿優先、スクラブ用のさらしあんを少なめに投入。
我が家の洗顔用定番石鹸さんです。
ストックが無くなって来たのであわてて作成。

2回めの作成なのでお遊びを(笑)
レイヤーの間の線は、さらしあんをパラパラと薄くはさみました。
上部には、前に作ったゴートミルクの石鹸。


はるさんHPの「ペットボトル作成方法」を参考に仕込みました。
安全で楽ちんですね♪
ペットボトルをしゃかしゃか振るため、気泡の発生が気がかりだったものの、型に流し入れる時に滑らかな生地だったので大丈夫みたい。
アクリルモールドを使ったのでツルッと型から出て来ました!

生地の温度が下がらないように気をつけたお陰で、40分程度で型入れ。
24時間保温 > 型出し > 半日後切り分け


【特性】
(石けんシミュレーションより計算)
  肌適正………5.7
  洗浄力………6.3
  気泡力………7.7
  硬 さ………7.5
  崩れ難さ……6.9
  安定性………7.1

※オイルのココナツ減らしてキャスターを少し増加、パームも少なくした分ラードを入れてみると「肌適正」はもうちょい良くなるかな?
 
【熟成期間完了!】
posted by Yuri at 00:31| 手作り石鹸

2007年11月30日

000:プロトタイプ

*000.jpg

初めて作った石鹸たち。
ホホバ入り「黒糖小豆」と、ラズベリーパウダーのレイヤー付き「ゴートミルク」の石鹸さん。
無事に出来上がって活用されました☆

切り分けが早過ぎて側面が滑らかじゃないところが、初めてさんらしいと思います(笑)
 
posted by Yuri at 23:12| 手作り石鹸