2008年09月02日

●ステアリン酸とミリスチン酸。

ソーパーさん達の中では有名なステアリン酸とミリスチン酸。

気泡力を出したり、溶けにくくしたりと大活躍な脂肪酸なので以前から興味がありました。
オイルの組み合わせによってはそのどちらも弱く出来上がってしまう石鹸を、補強(?)するにはもってこいのアイテムと思っていたので。

んー……でも。

ステアリン酸の融点は、70度程度だそうで。
これじゃあ「コールドプロセス製法」の恩恵にあずかれないのでは?…と思い、暫くあちらこちらを調べて彷徨っておりました。

おりましたら。
・・・・ございました。
uki☆uki☆せっけんライフさんの掲示板に。

やはり、コールドならではの石鹸に残る成分が、分解の憂き目にあってしまうみたいです…。
(詳細は先方の掲示板「記事No:1644」をご覧くださいませ。)


いちおう、この観点から見るとミリスチン酸はギリギリセーフかな〜?……とか(汗) こちらの場合も、ミリスチン酸の融解温度に苛性ソーダ水溶液も合わせてあげる必要があるわけですね。片方だけ温度が高くても……と。

どっちも良い所取りって、なかなか難しいんですねぇ…。
 
posted by Yuri at 23:22| 石鹸雑記